鳥の忖度

1月末、物置に保管していたミカンの中に幾つかカビの生えたものがあった。それを丸ごとベランダの端に置いたら、翌日には皮も含めてなくなっていた。その翌日、今度はカビの部分を除いてまたベランダの端に置いた。すると、中身だけ器用に食べて皮をベランダの外に放り出した。カビの生えた皮を食べておなかを壊さないのか、正露丸も脇に置いたらどうするかなど要らぬ心配をしたが、元気に毎日近くの木にやってきた。 

かびの生えていない干からびた皮をいつまでも共有の庭に置いておくわけにいかず、カギをあけて、お隣さんの前を通ってまで始末に行くのが嫌で、フェンスのすき間から物干し用の二股にビニール袋を重ねて結わえたもので苦労しながらミカンの皮を回収した。気がつくと、その間じゅう、木の枝にとまったヒヨドリがずっと見ていた。 

次の日、またかびを除いたミカンを置くと、中身を食べ、輪になった皮はベランダの端に置いたままだった。きっと木の上から、私が苦労して皮を回収していたのを見たから手間をかけまいとして敷地にまで持っていかなかったのだろう。偉い、偉い   


毎年、知人が大切に育て上げたミカンを山ほどいただく。友人知人に分けて、それでもたくさんあるので冷蔵庫に入りきらない。発報スチロールの箱に新聞紙を敷いてミカンを入れその上にまた新聞紙を掛けて外のなるべく日の当たらないところに保存しておくと、3カ月以上ミカンが食べられる。途中で時々チェックして、かびの生えたものは取り出す。  この方法はリンゴやダイコンなど他の野菜類にも応用できる。ミカンおじさん に教わったものだ。発泡スチロールの有効活用で大気汚染の削減にも寄与しているのではないか。 

途中で数回カビなどをチェックするが、そのときにかぶせた新聞紙が湿っている。それを取り除いてはいけない。ミカンから出た水分が循環して2カ月以上もみずみずしてミカンが食べられる。この方法でもさすがに4カ月目は実がしぼんで皮がふっくらと持ち上がったが、それでもミカンの味がする。毎年、肥料を施し、水害で山が崩れると職人さんに修理を頼み、柵にしがみつく猪と奮闘してつくったミカンを無駄にはできない。先日、最後のミカンを鳥と分け合って食べ終わった。 ヒヨドリは、今季最後と知ってか知らずか、皮まできれいに食べていった。  




森喜朗氏の後任会長は

女性蔑視と受け取れる発言をして辞任した東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長の森喜朗氏の後任に、日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏が受諾したと11日午後報道されて、森氏以外に適任者はいないと委員会内部でいわれていたが川渕氏がいたじゃないのと喜んだ。 

しかし、夜、川渕氏は自宅前で記者たちに取り囲まれて「森氏が後方支援するからと説得された」というような話に、それでは森氏と交代しても体質は変わらないとがっかりした。 

しかし、翌12日に一転して辞退することを表明した。組織委員会の武藤事務総長や組織委員長は選考過程を透明にすべきだとして検討委員会を立ち上げた。会長は男女どちらでもよいが、森会長の息がかかった人でなければよいがと思っていた。しかし、17日午後、候補者検討委員会の会合で橋本聖子五輪相に後任候補を一本化したことがわかった。橋本氏は森氏のおかげで議員になった人だ。その人の影響を受けた差配になるのではないかと不安だ。 

橋本氏が大臣の椅子を投げ打ってまで引き受けるかどうかは未定だが、組織委員会も苦し紛れとはいえ最悪のシナリオをつくり上げたものだ。  

大会組織委員会の森喜朗会長 物事を治める能力はなし

この度、理事会における女性蔑視ともいえる発言に世間がざわついている。もともと自分のお気に入りで周囲を固めているから今まではその能力にかかわらず物事が進んできたと思う。何の権力も名もない私がこんなことをいえる日本は、つくづくよい国だと思う。その自由さから、ちょいと言わせていただこう。  


東京オリンピックに関して一番驚いたのは、2019年11月に突然マラソンと競歩会場の札幌移転案が浮上した。それも東京都オリンピックなのに小池百合子都知事を蚊帳の外に置いて、森氏と丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック担当大臣と橋本聖子五輪相が事を進めたことに驚いた。橋本氏が北海道出身なので大いに肩入れをして当時の札幌知事と話し合いを重ねたらしい。 

2020年東京五輪のマラソンと競歩会場の札幌移転案を協議するため、国際オリンピック委員会(IOC)と国、東京都、大会組織委員会のトップ級会談が1日、都内で行われた。東京開催を主張していた小池百合子都知事は「大会成功に向けて、IOCの決定に同意はできないが、妨げることはしない。合意なき決定だ」と述べ、札幌開催が正式に決まった。(2019年11月の記事) 

会談には小池知事のほか、IOCのジョン・コーツ調整委員長、大会組織委員会の森喜朗会長、橋本五輪相が出席。小池知事は冒頭、実務者協議で、会場変更で生じる新たな経費を都が負担しないことや、他の競技は会場を変更しないことなど4点で合意したことを明らかにした。

小池知事は「東京で実施するのがベストという考え方は変わらない」とも発言。その上で、IOCのトーマス・バッハ会長から、東京で予定されていたコースを使ったマラソン大会を東京五輪とは別の時期に開催する提案を受けたことを明らかにし、「真摯(しんし)なメッセージとして受けとめたい」と話した。

一方、コーツ氏は暑さ対策のため札幌移転を決断したことについて、「都民が落胆する気持ちはよくわかるが、アスリートの健康を守るためにやらざるをえないことを理解してほしい。選手が準備するために早く決断しなければならなかった」などと語った。
  



主催地である東京都知事を差し置いて自分の取り巻きだけで事を進め、小池都知事はそのやり方に納得はしないものの大人の対応で合意した。その強引なというか分別のなさに周囲は反対しなかったのだろうかと改めて思う。もう、このまま会長職はおやめになったほうがよいのではないか。今回の謝罪会見を見ても、物事の重要性、善悪の判断ができていないとお見受けしたが言い過ぎだろうか。  



コロナと間違われないように

もう花粉が飛んでいるところもあるそうだ。きのうは立春だったし、そろそろ季節の変わり目に入ったようで数日前から体が熱っぽくて体温を測ったら、熱があるどころか35.4度しかなかった。それでも体調不良の前触れと思い、食事時間も寝る時間も気にせずにきのうは一日じゅう寝ていた。寝ようと思えば16時間以上も続けて眠れるものだ。  

コロナの時期、体調を崩してはややこしいことになる。PCR 検査も痛そうだし、万が一コロナにかかったら家族を初め周囲に迷惑をかける。何事もなく昨日の思い切った睡眠作戦で体調は復活したようだ。 


話はがらっと変わるが、先月28日に都内で雪が降った。私も初雪が見られるとわくわくしていたのに、薄日が差していた。ところが、夜のニュースで都内に雪が降ったという映像が何回も流れた。新宿、三鷹の人たちが傘を手にして寒そうだった。私は西多摩地区に住んでいるが、大雨にしても雪にしても、都内のほうがいつも被害が大きい。多摩地区というと気温が低いという思い込みがあったが、そうではない。 

中央線を利用していると、三鷹のあたりでがらっと天気が変わって驚くことがある。晴れた日に立川を出て新宿に向かっていると急に車内が暗くなって外を見ると雨が降っていることがある。新宿で下車して都庁までは地下通路で行けるので困りはしないが、その逆に新宿から立川に向かうときには、おりたときに傘がないのでどうしようと思ったことが何度もある。気象用語に詳しくないので恥をかきそうだがナントカ前線の分岐点らしい。  その関係で今回も都心のほうで雪が降ったに違いない。 

数十年前、3月末に大雪が降ったことがあるからまだ初雪を見る機会があるかもしれない。