中国で三つ子のパンダすくすく 

愛らしいパンダの寝姿」について

先月29日、広州の長隆野生動物世界 (中国で最も大きい野生動物園) で誕生した三つ子のパンダが生まれて1カ月がたった。三つ子が3匹とも生き延びたのは奇跡といえるそうだ。 医学の発達は人間のみならず動物の世界にも恩恵をもたらしている。 

1カ月たってもまだ飼育員の両手に3匹がすっぽりとおさまるほどの小ささだ。    それでももう既にパンダらしい白黒の模様があらわれ、爪は長く鋭い。小さな縫いぐるみのようで、本当にかわいい。  日本でも来年はぜひ愛らしい子パンダを見たいものだ。 


8月28日、世界で唯一の存命するジャイアントパンダの3つ子が生後満1カ月を迎え、初めて公開の身体測定が行われた。3匹とも健康状態は良好。性別は第1子がメス、第2子と第3子がオスであることがわかった。長隆動物世界は3匹の名前を募集する活動をスタートさせると宣言し、全世界に向けて3つ子の名前を募集するという。



"中国で三つ子のパンダすくすく " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント