窓の結露を防ぐ方法

冷え切った体をすぐに温める方法」について


寒い季節になると、部屋の窓ガラスに発生しやすくなる結露。カーテンが濡れたりと、カビの温床になることもある。そんなとき、家庭にある食器用洗剤を使うことで、簡単に結露を防ぐことができるそうだ。 


用意するもの 

バケツ等の容器 
水1リットル
食器洗い用洗剤 50から100cc 

水を入れた容器に食器用洗剤を溶かして、その中で軽く絞ったタオル等で窓ガラスを拭く。たったこれだけで結露が防げるそうだ。 ただし、私はまだ試していない。  お正月が終わったのでそろそろ試してみようか  

えっ正月前だからやるのではと思った人、正解。   でもない。 いつでも気がついたときにすればよい   



駅伝直前の身体検査は何のため ?

青山学院大 5連覇ならず」について

今まで箱根駅伝を出発前から見ることはなかった。今回は年賀状を書いて投函しに行ったりするうちに放送時間が迫っていたので、腰を据えて見始めたが、なかなか走り出さない。出発の1時間前からの放送開始だった。こんな早朝にテレビを見ることはないので、正月くらいは見てみようとそのままでいた。 

すると、途中で選手が次々に呼び出されて身体検査  をされていた。コートをはだけて前後左右、2人の男性が念入りに調べていた。最後に選手が両手を出して、そこも確認していた。 

これは何の検査をしているのだろう。 “駅伝出発前初心者” なのでさっぱりわからない。オリンピックで相撲やレスリングの際は審判が選手の体を確認しているが、多分これは凶器になるものがないかの確認だろうと思っているが、ばらばらで走る駅伝にそれらの検査が必要なのか、あるいは別の意味の確認なのかわからない。 

知っている人いる   

青山学院大 5連覇ならず

伊調選手復活」について

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走 (箱根駅伝) は3日、神奈川・箱根町―東京・大手町の復路5区間109.6キロが行われ、東海大が往路2位から逆転して初の総合優勝を果たした。  ~  

厚い包囲網が、原監督の判断を狂わせた。青学大は往路で1位・東洋大と5分30秒、2位・東海大と4分16秒の大差をつけられて6位。復路1位で一矢報いたが、総合優勝の東海大との差は3分41秒。往路の出遅れが響いた。原監督は 「力負けでなく、采配ミス。往路重視の配置にすべきだった」 と悔やんだ。


層が厚く、復路の顔ぶれも充実していた青学大に対し、東海大と東洋大は往路重視で先行する布陣とした。復路は向かい風を受けながら単独で走る厳しい条件になることが多い。ただし、トップに立てば、自分のペースで走れることに加え、前を行くテレビ中継車が風よけの役割を果たしてくれるメリットがある。昨年までは当たり前だった恩恵を失った青学大のアンカーの鈴木は 「中継車の後ろでないと、風が厳しかった」 とこぼした。

過去4年間、打つ手が次々と当たった原監督は 「駒大や帝京大もいて、他校は後半も強いのではと考えてしまった。どこのチームを意識すべきかで、私の狙いがぶれた」 と嘆いた。 


テレビ中継を見ていて、選手を先導するバイク2台が選手の直前すぎて走りを邪魔しているような印象を受けたが、それに対して選手は何もいっていないので、ちゃんと距離を計算して走っているに違いない。事前に速度を練習していたようだから、そこは抜かりなくやってたいるのだろう。 

何はともあれ選手を初め関係者の皆様、そして沿道で応援している皆様、お疲れさまでした。お正月の風物詩で、多分冬の季語にもなっているのだろう。   

産まれたてと今、毛色まで違うような

子猫の殴り合い」について

ブリティッシュショートヘアの 「みかんちゃん」 と 「じろうさん」。以前、ねこのきもちWEB MAGAZINEで配信した記事でも、とっても反響が大きかったふたりだそうだ。

今回は、ふたりの変貌ぶりに爆笑する人続出!な、貴重なお写真をご紹介しますとのこと。お楽しみに  


「じろうさん」 は、目つきなどの風貌だけでなく毛の色も違ったような気がするのは私だけ 。 



   
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190102-00005337-nekomag-life 

義理がたく台風1号発生

ことし初の最低気温」について

あけましておめでとうございます。 
本年もどうぞよろしくお願いいたします。 。

お天気もよく穏やかな新年だと思っていたら、早くも台風1号が発生したそうだ。  


1月1日(火)15時、南シナ海で発達中の熱帯低気圧が、台風1号 (パブーク) になりました。日本への影響はありません。台風は西進してタイへ向かっており、マレー半島を横断し 「サイクロン」 となれば21年ぶりとなります。 


今年は自然災害がないようにと祈る中、1月1日に台風が発生したなど、しゃれにもならない。どうか1号のまま1年が過ぎますように …… ちょっと甘いか  

早々とスルメを買い占めたため …… 

するめがない」について

11月の初めころだったか、立川の大手水産に行ったら、ことしはイカが不漁ではないらしく、スルメがたくさんぶら下がっていた。去年の反動でというか、手に入らずに困った人が買いに来るに違いないと、少し早い時期だったが、去年の恨みも込めて  ふだんより大量に買ってきた。 

そこまではよかったのだが、あいにくことしは暖冬で、大量に買ったはいいものの冷蔵庫はリンゴやミカンで占められているし、干してあるから大丈夫かと常温で保存していたが、余りにも暖かく夏日だなどと連日騒がれると心配になって、ダンスもできないことだしと、いつもより早めに仕込んだ。 

普段はベランダの日陰に置くとちょうどよい貯蔵庫のようだったが、ことしは日陰でも暖かい。仕方がないのでいつもより酒の量をふやした。 

先日でき上がった年賀状を届けに息子が来た。できぐあいはどうかと容器を開けたところだったので、少し持っていくかと聞いたら、味見をして 「うん、うまいうまい」 と持ち帰った。いつもは何回か瓶に詰めて持っていくのだが、去年は味が違うせいか (スルメのかわりにあたりめを使用した) また持っていくかと聞いたときには 「いいや」 といってスルーした。 長年食べなれた味と違うのを彼も感じ取ったに違いない。 

それでも初めて食べた人は、おいしいからレシピを教えてといったが、レシピなどという偉そうなことは知らない。ただスルメと利尻昆布やだし昆布などを短冊状に切って、ニンジンの細切りを大量にまぜて (ニンジンから甘みが出るし、ニンジンだけ食べても漬物がわりにおいしいので) あとはしょう油6対酒4くらいを入れてまぜるだけだ。ホウロウの器に入れて皿を載せ、重しをして1カ月以上放っておくとでき上がる。ただそれだけだ。 


いよいよ平成最後の大晦日が終わる。
このプロ具体的を訪れてくださった皆様ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。   

私のことしの漢字一文字

てんやわんやの半月板」について

ことしもあと一日を残すところとなった。街頭で 「あなたのことしを漢字一文字であらわすと何ですか」 とインタビューしていた。そう聞かれることはもうことしはないだろう。 

そこで、私は自分にインタビューしてみた。答えはもちろん半月板を損傷したときの 「てんやわんやの半月板」 騒動だ。 

痛みに敏感な体質から、大げさねといわれるのが嫌で、多分人よりも我慢強いほうだと思う。その私が、人生で一番痛かったのはことしの 騒動だ。 

幸い翌日に、上手だと定評のある施術院で治療を受けて、1回でその激痛から開放された。40分ほどの治療後、自分で足を曲げてみてといわれて、私は痛さを思い出して 「イヤです」 といったが、大丈夫と促されて、膝を軽く曲げた。もっとしっかり曲げてと再度いわれて膝頭が天を向くまで曲げた。あれ、曲げられた。  

その状態でどこが痛いかと聞かれ、膝頭というとまた治療をし、次は外側というとまた治療をし、済みませんと恐縮しながら今度は内側が痛いというと 「(何度でも) 大丈夫ですよ」 と、また治療をしての繰り返しで、私はその度ごとに膝を楽に曲げられるようになった。 

治療を受けるまでの1日半は人生に味わったことのない痛みで身動きができなかった。もう残りの人生で、これほど 「痛」 という漢字に遭遇したくない。  

その後、少なくとも年内はダンスをしないことという先生との約束を守っていたが、先日、こっそりと1時間ばかり体を動かしてきた。軽く、べた足なので、あの痛みはぶり返すことはないが、まだおっかなびっくりの状態だ。 

子猫の殴り合い

ペットボトルが好きな猫」について

テーブルに乗って仲よくじゃれ合っていた2匹の子猫。と、おもむろに右の猫が立ち上がり、顔面に猫パンチをポコポコポコとお見舞いした。左の猫も黙っているわけにはいかず、立ち上がって応戦だ。ケンカというよりも、ちょっと激しめのハイタッチぐらいのかわいい応酬だったが、しばらくポコポコやり合った結果、お互いに気が済んだようだ。 

よくあるシャーッという猫パンチではなくて、短い足  のせいか相手に触れるか触れないかくらいのパンチだから、遊びなのだろう。ふわふわした猫パンチに萌え~     


   
https://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A7dPhg3DiSdcKykAL42JBtF7/RV=2/RE=1546181443/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=sQ4rDJ2nvCTGSoUPLxQc7gB.kuc-/RU=aHR0cHM6Ly92aWRlb3RvcGljcy55YWhvby5jby5qcC92aWRlb2xpc3Qvb2ZmaWNpYWwvYW5pbWFsX3BldC9wYTY0ODNiZjhmM2NmMmRlZjY4NGQwMWRiYTc3MWFkZGQA/RK=0/RS=dUH_v5FN4cM.XCGyFrvLo.awUnI- 

蛇かと思ったら

あな恐ろしや」について

オーストラリアのシドニーにて。排水口に何かが詰まっていたので、男性がそれを引っ張り出してみた。意外な物が詰まっていたのだが、何よりその長さにびっくり仰天だ。

男性がペンチで先を挟んで引っ張ると、出てくる、出てくる、1メートル以上の時点で、私は蛇だと思った。なおも引っ張り出しているのを見て、どこかこの大蛇を山奥に帰すのかと思って成り行きを見ていたら、何と太くて長い木の枝だった。いや、枝というよりむしろ木といったほうがよいかもしれない。  


   
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/vtps/225885 





運転できない私でもわかる !!

手動でワイパーを」について

駐車場から出られない車の運転がヒドい 

駐車場から出ようとしている、画面右上の青い車。バックがうまくできずに悪戦苦闘。同じタイミングで出そうとした他の車は危険を察知したようで、元の位置戻った。多分成り行き見守っていたに違いない。 「チッ! 急ぎの用事があるのに」 と思ったかどうかはわからない。  

果たして無事出せるのか  篤とごらんあれ 

   
https://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/pe414c640465324c6075c454241c080ed 


運転できない私がいうのもどうかと思うが、画面の手前に2台分の駐車スペースが空いているのだから、そこへバックしてから左の出口に行けば簡単に出られると思うけれど、そういうものでもないの  

以前、アクセルとブレーキを踏み間違える事故が多発したときに、両側に離せばよいのにと思い、ブログにも書いた。後日、友だちにそういったら、アクセルとブレーキは並んでいなければならないそうだ。その理由は話してもらえなかったが、障害者の人は離れていると踏めないしともいっていた。 

そのときに、なるほど知らないで物をいうのは恐ろしいと思ったが、今度もそうか   



四つんばいで歩く …… 猿かと思ったら

零下93・2度」について

路面が凍結…恐る恐る歩く通行人に悲劇

イギリスで冷たい雨 「氷晶雨」 が降り、路面が凍結したときの映像だ。最初猿かと思ったら、両手足を地面につけて恐る恐る歩く男性の姿だった。 真っすぐ進めないのだろうか、斜めではあるが大分進んだところで、一気に元の位置に滑り落ちてしまった。それまで坂だとは思わないで見ていたが、かなり急な坂のようだ。 


撮影者がそれを見てヒーヒー笑っているのが、またおもしろい。他人の不幸は蜜の味   
   

   
https://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p0e180fd0224ce96864cc4b715f783639 

子どもと縫いぐるみ

父親への愛想笑い」について

電車の中で、5歳くらいの子どもがリュックを抱えて居眠りをしていた。連休なので一家でお出かけなのだと漠然とその子を眺めていて、ふと気がついた。リュックの口からカワウソが顔をのぞかせていた。思わず二度見した。 
 
まさかと思いつつも、本物に見える。途中で目をさました男の子は、いとおしそうに “カワウソ” の頭をなでていた。その後もしつこく観察したが、やはり縫いぐるみのようだ。 動物好きの私としてはがっかりしたような、ほっとしたような気分だった。 


以前、新宿西口の地下道で、すれ違った女性が虎の子をだっこしていた。あらっと思って、さりげなく後ろ歩きをしてその女性のそばに行き、虎の子をよく見た。 虎を期待した私が見たものは、だっこひもに包まれて虎の帽子を目深に被った赤ちゃんだった。 

だまされた私が悪いのだけれど、度重なるとがっかりする。しかし、持つほうからするとリアルなほうがうれしいに違いない。でも赤ちゃんにまで虎の帽子をかぶせなくても …… 体をすっぽりくるんで帽子だけ見せなくても ……  あ、虎だとぬか喜びさせなくても ……  

雪と戯れるオオヤマネコとユキヒョウと私

今週は各地で大雪警報」について

米サンディエゴ動物園で雪で遊ぶオオヤマネコユキヒョウの姿が目撃された。  

一面に降り積もった雪をじーっと見詰めるもふもふのオオヤマネコ。突然勢いよく雪にとびかか.る。何度も何度もジャンプしては雪の感触を楽しむオオヤマネコ。そのはしゃぎ方はまるでペットの猫ちゃんのようだ。

一面の銀世界に大はしゃぎしているのはオオヤマネコだけではなく、もふもふの毛皮に大きなしっぽがトレードマーク、ユキヒョウも雪景色に大はしゃぎしている。雪を掘ったり、体をすりつけてみたりと雪を満喫している様子だ。

雪で遊んでいるうちにテンションが上がってしまったのか、他のユキヒョウにちょっかいを出したり走り回ったり大忙し。オオヤマネコもユキヒョウも雪が降り積もる地域に生息している、寒さにとても強い動物です。雪で楽しそうに遊ぶ動物たちを見ていると心がほっこりする。 


私も子どもの頃は1メートル以上もある石垣の上から両手を広げて畑の中にばたっと倒れて遊んだ。あの頃は寒いとも思わず雪を満喫した。スキーにも行った。スケートも凍ったダムの上で後ろ向きに滑った。 (前を向いて滑ると向かい風を受けて苦しいから、ずっと後ろ向きに滑っていた。次々に滑ってくる人の状態がわかるので危険防止にもなった  ) 

いよいよ私も昔はよかったというトシになった。  



   
https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/rd_tool/it_nlab/articles/life/RV=1/RE=1546872906/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cDovL25sYWIuaXRtZWRpYS5jby5qcC9ubC9hcnRpY2xlcy8xODEyLzE5L25ld3MwODYuaHRtbCN1dG1fc291cmNlPXlhaG9vX3YzJnV0bV9tZWRpdW09ZmVlZCZ1dG1fY2FtcGFpZ249MjAxODEyMTktMDQ2JnV0bV90ZXJtPWl0X25sYWItbGlmZSZ1dG1fY29udGVudD1yZWwxLTA-/RS=%5EADA.g666iY6nyC3tlUAoaaeCkqT1rM-;_ylt=A7YWPkBK8yBcglMAMx0IPv17;_ylu=X3oDMWU5M3R2dmE3BHBvcwMxBHJsX3RpdGxlA.WLleeUu..8muOBr.OBl.OCg.OBkOODpOODnuODjeOCs.OBqOODpuOCreODkuODp.OCpuOBruanmOWtkARybF91cmwDaHR0cDovL25sYWIuaXRtZWRpYS5jby5qcC9ubC9hcnRpY2xlcy8xODEyLzE5L25ld3MwODYuaHRtbCN1dG1fc291cmNlPXlhaG9vX3YzJnV0bV9tZWRpdW09ZmVlZCZ1dG1fY2FtcGFpZ249MjAxODEyMTktMDQ2JnV0bV90ZXJtPWl0X25sYWItbGlmZSZ1dG1fY29udGVudD1yZWwxLTAEc2VjA3JlbGF0ZWQEc2xrA3BjBHRpdGxlA.mbquOBjOmZjeOBo.OBn.OBnuODvO.8geOAgOWkp.OBr.OBl.OCg.OBjuOBp.mBiuOBtuOCquOCquODpOODnuODjeOCs.OBqOODpuOCreODkuODp.OCpuOBjOOCguOBteOCguOBteOBp.OBi.OCj.OBhOOBhAR1cmwDaHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MTIxOS0wMDAwMDA0Ni1pdF9ubGFiLWxpZmU-

伊調選手復活

伊調選手へのパワハラ問題」について

レスリング・全日本選手権最終日 (23日、東京・駒沢体育館) 女子57キロ級決勝で五輪4連覇の伊調馨 (34) =ALSOK=が、リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(24)=ジャパンビバレッジ=を3-2で破り、復活の優勝を果たした。1次リーグB組初戦では1-2で敗れた相手にリベンジし、2年後の東京五輪出場へ、確かな手応えをつかんだ。

伊調は22日に行われた1次リーグで、過去3戦全勝だった10歳下の川井に初黒星を喫した。国内での敗戦は、2001年の全日本選手権56キロ級で、吉田沙保里に敗れて以来、実に17年ぶりだった。対日本選手の連勝記録も 「70」 で止まったが、日本協会の強化本部長だった栄和人氏によるパワハラ問題を乗り越え、世界女王の川井と価値ある接戦を演じていた。 


パワハラに負けずに頑張り続けたことは偉かった。   

フィギュアスケートの高橋大輔選手もそうだが、力のある人は30歳過ぎても底力を発揮できるものなのだと応援するとともに、うらやましい限りだ。 

塚原本部長のパワハラ騒動でいまだに揺れている体操選手の宮川紗江選手も、まだ若いのだから頑張れ   

高橋大輔にぎやかにインタビュールームへ

羽生結弦の髪型 またおっさん風に」について

高橋大輔、5年ぶりの全日本でSP2位!3連覇狙う宇野が首位発進/フィギュア


フィギュアスケート・全日本選手権第2日 (22日、東和薬品ラクタブドーム) 男子ショートプログラム (SP) で、3連覇がかかる宇野昌磨 (21) が102・60点で首位発進した。今季現役復帰した高橋大輔 (32) は88・52点で2位につけた。五輪2連覇の羽生結弦 (24) 右足首故障のために3年連続で欠場した。フリーは24日に行われる。

5年ぶりに戻った全日本の舞台で高橋は冒頭の3回転半、続くフリップ-トーループの2連続3回転、後半の3回転ルッツすべて着氷。演技後は笑みを浮かべ、万雷の拍手を浴びた。

2010年バンクーバー五輪銅メダリストは6位に終わった14年ソチ五輪後に第一線を退いたが、心残りがあったという。右膝や内転筋の痛みに苦しみながらも、演技の精度を高めてきた。練習拠点も置く大阪での大一番。過去5度の日本一のうち3度が今回の会場と相性がいい。魂を込めた滑りで、ベテランが健在ぶりを示した。


演技後のインタビュールームに高橋大輔選手は、にこやかに周囲の人たちに手を振って現れた。過去に何度もインタビューに応じている彼は、インタビュアーを初め周囲の人々は顔なじみで、懐かしい面々なのだろう。32歳という年齢を感じさせない人懐っこさが印象に残った。   

アレクサを駆使する大型インコ

インコ、高笑いしながら登場」について

ちょ、イチゴ勝手に頼んだの誰…大型インコがアレクサで食べたいものを注文しまくる事件が発生

家の中でよきお手伝いとして重宝されているAmazonの音声サービス 「アレクサ」。アレクサに話しかければ電気も消してくれるし、ネットで商品の注文もしてくれる。

だがイギリスに住むマリオン・ウィシェウスキさんの家では、アレクサの注文で身に覚えのないプレゼントが次々に届くトラブルが起きた。犯人は、前科持ちの大型インコ(ヨウム)、ロッコだった。 

アレクサを駆使して注文を取りまくる大型インコのロッコと、ロッコに悩まされる飼い主のマリオン・ウィシェウスキさん。


粗暴犯のいたずらっ子ロッコ、マリオンさんに引き取られる

マリオンさんは、動物福祉のための慈善団体National Animal Welfare Trust (NAWT) で働いている。

NAWTのホームページによると、ロッコはNAWTで保護されていたが、水の入ったボウルを投げ捨てたり、ちょくちょく下品な言葉をスタッフにいったりと粗暴なヨウムだった。素行の悪かったロッコは早々にNAWTを強制退去になり、スタッフのマリオンさんが引き取ることになった。 

知らぬ間に食べたいものを注文しまくる

マリオンさんの家でおとなしくしていると思いきや、おしゃべりなロッコはソウルメイトを見つけた。アレクサだ。
ロッコは 「スウィートな性格でダンスが好き」 らしく、マリオンさんは 「彼は私が家に帰る前に (アレクサで) ロマンチックな音楽をかけていることもある」 という。ちなみに好きなバンドはキングス・オブ・レオンというロックバンドだ。

そのくらいだったらかわいい鳥で済むが、そこはいたずらっ子なロッコ。おとなしく飼い主の帰りを待つことはなかった。

何とアレクサに頼んで食べたいものの注文を始めた。イチゴやブロッコリー、スイカ、レーズン、果てはアイスクリームまで注文し始めた。 

マリオンさんは 「私は仕事から戻ってくるとまず、アマゾンのショッピングリストをチェックして、注文された商品をキャンセルしないといけないんです」 と話す。 

ロッコは食べ物のほかに、電球や凧なども勝手に注文するという。

   
https://www.huffingtonpost.jp/2018/12/20/doga-rocco_a_23623317/?utm_hp_ref=yahoo


キャー、かわいい   でも帰宅後、ロッコが注文した品をキャンセルするのに大忙しだ。   

ボランティアできざみ食を試食

台風21号関東地方も通過」について

傾聴ボランティアに行っているある老人施設で、昨日、クリスマスの催しがあった。私はそこに行く足がないので傾聴には参加していないのだが 「行けるのなら乗せていくよー」 といわれて、出かけた。そこは傾聴ボランティアの講習会の最後に実習に訪れた施設で、数年ぶりに見る内部が懐かしかった。 

10時半から大ホールでサンタさんやトナカイの誘導で歌やクイズなどを楽しみ、いよいよ12時からバイキング形式の昼食会が始まった。

入所者さんによってきざみ食とか、食べてよいもの等があるので、1人置きに職員さんが並んで、指示されるもの及び入所者さんが指差したものをトレーに載せるだけで、お手伝いらしきことは、前もってトレーにナプキンや箸、スプーン等をセットするくらいだ。それでも大勢の人々のお役に少しは立てたような気がした。 

その後、残ったものの中からボランティアが自由にトレーに取り、クリスマスらしくケーキや飲み物のデザートまでいただいて、傾聴ボランティア用のテーブルに着いて食事をしていた。すると、最後に職員の方たちが自分の分をトレーに取り分けていたが 「あれ、何もないや」 という声が聞こえた。あっち (私たちが担当していたブース) にたくさんありますよと声をかけたら、ありがとうございますといって移動した。 

何日も前から準備に大変だったスタッフさんが一番最後に食事をするという精神に頭が下がる思いがした。まずは入所者、施設の利用者、そして手伝ったボランティアたちへの気配り、最後に自分たちという施設のあり方に感動した。 


前置きが長くなったが、少しやわらかめのご馳走の数々の中に、とろみをつけたりサラダを細かくきざんだもの数種類がカップに取り分けられていた。とろみ食及びきざみ食がどんなものか選んで食べてきた。サラダのきざみ食はすごかった。  ちゃんと緑や赤や黄色などの野菜の色はあるが、全てつぶしてある。たとえ歯がなくても必要な栄養はとれるのだ。貴重な体験だった。

ケーキバイキングさながらに各種並んだ小さいケーキを何種類もいただいて、私たちも一足先にクリスマスが来たような気分だった。


施設も新しく職員の対応がすばらしい園が特別養護老人ホームであることに驚いた。利用者300人の状態を、この人は○○食とか、アレルギーの有無とか全て職員が把握してきめ細かく対応しているのだ。もしかしたら私たちも老後はお世話になるのかもしれないと思うとありがたかった。でも、300人収容できても常に満室らしい。従来の特別養護老人ホームのイメージとはほど遠い。  

ライオンが赤ちゃんに夢中

ホワイトタイガー 情けない顔で首をかしげているのがかわいい」について

アメリカの動物園で撮影された映像。オリの中にいるホワイトライオンは目の前の子供に興味津々。   子供が手を伸ばすと、ライオンも前脚を伸ばして 「遊んで」 と猛アピールする。子供とライオンのやりとりがほほえましい。 

日本の動物園では、これほど観客に近い動物の展示室はないように思う。どの動物も、猛獣も、このように人と触れ合いたいと思うのだろうか。 


   
https://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/animal_pet/p4fecea3d1f813517f86fe10652bcd4ec 

蜂の巣かとびっくり

ベランダの物置に最近届いたリンゴを入れようとして、片づけた。 

去年の箱を取り出して中の保護材を見ると、1個1個のくぼみの2カ所に何かが入っていた。確かめるために手にしたら、グニャッという感触に慌てて放り出した。夕方の薄暗がりの中で見たところ、黒くてこんもりして、ふわっとしていた。 

てっきり蜂の巣の殻だと思った。懐中電灯で照らすと、巣ではなく、多分リンゴが1個残っていて、それが乾燥したらしい。もう一つのくぼみには蜜らしい液体が入っていた。さらにもう一つのくぼみに何と上の階から降ってきたと思われるセミのように黒くて大きなゴキの死骸も入っていた。 

上の階から逃れてきたと思われるゴキについて、ことしアップしたのに、見つからない。要点は、去年までゴキが四、五匹しか出ないので今年はゼロにしようと張り切っていたのに、今まで見たことのないような真っ黒でセミのような大きいゴキがベランダのほうから何匹も入ってきて驚いた話だ。上の階の入居者がかわったので、多分管理者が室内を消毒して、そのとばっちりで下の階の私のところに逃げ出してきたのではないかというものだ。 

そのときのゴキと同じ種類が1匹、物置のリンゴの蜜に埋もれて死んでいた。 また思い出してしまった。その私にとっては新手のゴキが来年も出てくるのだろうか。  

出火原因はスプレー100缶超のガス抜き

出火原因は中華鍋の空だきか」について

札幌市豊平区で16日夜に起きた爆発による建物火災で、この建物に入る不動産仲介店の従業員2人が 「消臭スプレー百数十本を処分するため室内に噴射したり穴を開けたりした」 と話していることが、捜査関係者への取材でわかった。2人は 「手を洗おうとして、寒かったので湯沸かし器の火をつけたら爆発した」 とも話し、北海道警はスプレーのガスが部屋に充満し、引火した可能性があるとみて調べている。

同じビルや付近に飲食店が多くあるところのようだが、負傷者四十数人で、今のところ死者が報告されていないのは不幸中の幸いだ。 

同じビルの2階の飲食店には家族7人の家族客連れやその他の客も多数いたというが、助かった人の話によると階段は火が回っていて逃げ場がなく、みんなが一斉に窓際に押し寄せたため床が抜けて落下し、結果的に全員助かったそうだ。全く何が幸いするかわからない。 

最近はガスのスプレーなどを危険物としてごみに出す場合、昔のように環境に穴をあけずに出すようにという自治体がふえたそうだ。私の住む市でも数年前から穴をあけてガス抜きをしなくてよくなった。 

殺虫剤しか使わないので、スプレー缶を出すことはめったにない。  

火災の民家に蛇100匹

アザラシの鼻の穴にウナギが」について

米テキサス州でこのほど、民家で火災が発生し、駆けつけた消防隊が家の中にいた100匹以上の大型蛇などを素手で救出する出来事があった。  


火災は先の週末にヒューストン郊外の民家で発生した。駆けつけた消防隊が家の中に入ったところ、100匹以上のヘビやトカゲなどの爬虫 (はちゅう) 類を発見した。 「トカゲの数はわからない。蛇たちの方は、煙が充満した家の中ではい回る様子を見れば、どんな人でも心臓発作を起こすような大きさだった」。 レイモンド・フラネリー消防署長はそう振り返る。

CNN系列局のKTRKによると、中には体長1.5~1.8メートルのニシキヘビボアやコンストリクターも数匹いた。ガラスケースの中にいたものの、救出が必要な状況で、消防士たちが住人の助けを借りて運び出したという。

「犬や猫ならまだしも、蛇は全然別の生き物だ」 と消防士はぼやいている。消防局はフェイスブックに 「消防士には、やりたくなくてもやらなければならないことがある」 と書き込んだ。

住宅は損傷が激しく、一家が失ったものは大きかったが、それでも消防隊が自分たちのペットを救出してくれたことを喜んでいるという。 

フラネリー署長はいう。 「なぜこれほどたくさんの蛇がいたのかについて、家主はあまり語りたがらなかった。ただ私たちに、蛇は制服姿の人を嫌う  と告げた」 「それでも消防士として、我々はどんな相手でも助けるために全力を尽くす」

KTRKによると、爬虫類のうち数匹は助からなかったが、救助された蛇などは地元の施設に移され、大丈夫そうな様子だという。

出火当時、住人は不在だった。2匹の飼い犬は脱出して無事だった。

出火元はクリスマスツリーの照明だったことが判明。消防署は、クリスマスツリーの照明を消し忘れないよう呼びかけている。


   
https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MTIxMi0zNTEyOTk5OC1jbm4taW50LnZpZXctMDAw;_ylt=A7dPJhyoYBZcABQAvxD9luZ7

他人に呼びかけるとき

新・ことわざ辞典」について

11月初旬の新聞に 「奥さんやお母さん」 と呼びかけられることは不愉快だという投稿があった。その人は、結婚していないのにデパートなどで店員から 「奥さん」 と呼ばれることに憤りを感じると書いていた。店員と客という間柄だったら 「お客さま」 と呼びかけるのが当然だし、スマートだと思う。


しかし、私は日ごろテレビの旅番組や街中でのインタビューの際に 「お父さん、何をされているんですか」 や 「お母さん、おいしいお店を知りませんか」 などと呼びかけているのを聞いて、うまい呼びかけ語を考えたものだと感心している。相手の名前を知らないそこそこの年齢の人に呼びかけるとき、旦那さんとかおじさんとかおばさんより、ずっといい。 

どこの局でも同じ呼びかけ方をしている。結婚しているとか、していないとか、あなたのお父さんじゃないよとか、あなたを産んだ覚えはないよとか、そんな堅苦しい考え方をしなくてもよいのではないかと思うが、当事者はどうなのだろう。私はどんな呼びかけがあっても、答えられることには応じる。通りすがりの人だから、何といわれようといいじゃないの。   ただし、息子に 「バアサン」 といわれたらむっとするけれど …… 

それでも 「あんたの旦那じゃないよ」 という人もいるだろうし 「おじさん、おばさん」 と呼びかけられて気分を害する人もいるだろう。確かに結婚していなかったり、子どもに恵まれない人がいるかもしれないが、そんなに気にすることでもないのではないか。

「そこのお年寄り」 などと呼びかけられるよりずっといい。  

☆が私の手元に降ってきた

ふたご座流星群が1時間に40個 !!」について

夕べ、首が90度くらい後ろにそれるような感じで空を見上げたが、1個も見えなかった。  とにかく信号や街頭やマンションの明かりで、見えにくい。色の濃い傘を持ってきて明かりを遮ろうと思ったそのとき、信じられないことが起こった。 

余り首を後ろに回していると貧血を起こして倒れそうなので、前のマンションの敷地にある肩まであるような敷設物に寄りかかって流れ星を探していたら、私の手元に向かって星が降ってきた。   物すごく大きくて、白くて、明るくて、手を伸ばせば捕まえられるような近距離にだ。  
驚きと感激で、幾つも考えていた願い事をするのを忘れた。きっとあの流れ星さんは、私が今一番願っているのが何かわかっているに違いない。  


きょう、3時間足らずの睡眠時間で早朝起床し、整形外科に行ってきた。半月板に関しては、初診及び治療が施術院で診ていただいたので、科学的にどこに損傷が起き、どの筋にひび等が入っているかの情報がないのでアドバイスのしようがないとのことで、やはり自分の勘で、大丈夫かどうかを見極めるしかないようだ。 

流れ星も見たことだし、新年から休み休みでもダンスを再開したいと思うが、1月はジャイブだそうだ。  早い曲に乗って足を高く上げたり、ツンツンと  床に打ちつけたり回転したりは幾ら何でも無理かもしれない。  


今夜は雲が多くて流星どころか星も見えない。またしばらくして空を見上げてこよう。 

ふたご座流星群が1時間に40個 !!

ふたご座流星群が活動中 ピークは14日(金)」について

コンピューターを立ち上げたら、ネットニュースにふたご座流星群が1時間に40個と出ていた。   

えっ、見に行かなければ   きょう未明、4時頃に見上げたときは、星は出ていたが流れ星は1個も見られなかった。  


きょうは忙しいのでこれにて失礼。  いそいそ、いそいそ …… 厚着をして行ってまいります。  

アザラシの鼻の穴にウナギが

シャチに追われて観光船に避難するアザラシ」について

https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE4MTIwOC0zNTEyOTgzNS1jbm4taW50LnZpZXctMDAw;_ylt=A7dPJhguIBFc1jsA9jb9luZ7
   

上記の写真を見て、なぜこんなことになったのだろうと思わず笑った。そこには、軽々しく笑ってはいけない深いわけがあるようだ。以下、そのわけをHMSRPの科学者、チャールズ・リトナン氏が解説している。  


ハワイモンクアザラシは世界で最も希少なアザラシの一種で、米国では絶滅危惧種に分類されている。その多くは北西ハワイ諸島にある離島8島の周辺に生息。2016年の調査では、1,427匹しか残っていないと推定されている。 

HMSRPの科学者、チャールズ・リトナン氏はCNNの取材に、研究者は今もこの現象に困惑していると言及。 「どれだけ動物の調査や観察を重ねても、かつてなかった現象が出てくるという良い例だ」 と指摘した。

NOAAは二つの仮説を提示している。一つ目は食べ物を探しに来たアザラシに対し、ウナギが防御反応を示すというもの。サンゴ礁の割れ目や岩の下にアザラシが耳や鼻を突っ込んでいると、そこにウナギが入り込むとの見方だ。

もう一つの仮説では、アザラシがウナギを丸のみして鼻から吐き出す可能性に言及している。 

HMSRPは心配するフェイスブックの閲覧者に対し、ウナギを取り除くことに無事成功したと報告。アザラシを軽く押さえつつ、計30秒をかけて少しずつ取り出したことを明らかにした。


このときは人間が少しずつ取り出したとあるが、自然界ではウナギに入り込まれたとき、アザラシはどうしているのだろう。うまく吐き出せるのか、あるいはそれができなくて窒息死のようなダメージを受けることがあるのか、もう少し詳しい説明が欲しい。 

ペンギンが自分たちで交差点をつくったのは何のため ?

脱走したペンギンが戻ってきた」について

行列をつくって、みずからつくった道を律義に歩くペンギンたち。 広いんだから好きなところを歩けばいいのにと思うが、理由は最後にわかるというので、何度か繰り返し確認した。  


やっとわかった。   ツルッと滑って転びそうになっているペンギンがいた。 人間だって、雪道を歩くときは人が通った跡をたどって歩く。 

ペンギンたちも頭いいね。  



    より詳しくペンギンたちの行動を説明した動画 
https://rdsig.yahoo.co.jp/videotopics/pc/detail/animal_pet/p210b513bfc7329102f06193bbb90408a/pickup/art_txt/RV=1/RE=1545744555/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cDovL2xhYmFxLmNvbS9hcmNoaXZlcy81MTc4MDQ0Ni5odG1s/RS=%5EADAFRdxmdPIozvSV.4yufXrf1Dj21Y- 

ふたご座流星群が活動中 ピークは14日(金)

ふたご座流星群、13日夜見ごろ」について

現在、出現する流星数では年間最大の流星群である 「ふたご座流星群」 が活動期を迎えている。

活動のピークは14日(金)の21時頃と予想されており、極大日の前数日もある程度の流れ星は期待できるので、晴れた日はぜひ夜空を見上げてみよう。     


期待できる流星数は?

★活動期間  12月4日~12月17日
★ピーク予想 12月14日 (金)  21時頃
★母天体    ファエトン (小惑星)

ふたご座流星群は、出現する流星数の多さから、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と共に 「3大流星群」 の一つとされている。

極大を迎える14日(金)夜には、街明かりがなく空の開けたところでは、1時間に40個以上の流れ星を見ることができそうだ。

ふたご座流星群の流れ星はほぼ一晩中出現するが、少しでも多く流れ星を見たい方は、上弦前の月が沈む14日(金)23時以降の観測がオススメだ。



ふたご座流星群の特徴は?

(1) 毎年、多くの流星が出現
 毎年、安定して多くの流星が出現する、当たり外れの少ない流星群といえる。

極大日の夜には、およそ90秒に一つ流れ星が見える計算になることから、15分ほど夜空を眺めていると、少なくとも一つは流れ星が見ることができそうだ。

(2) ほぼ一晩中観測が可能
流星群に属する流れ星は、放射点という天球上の一点から流れる。

ふたご座流星群は、その名の通り冬に見頃を迎えるふたご座に放射点があるため、夜の早い時間に放射点が地上に昇ってくる。このため、活動期にはほぼ一晩中ふたご群の流星を観測することが可能だ。

(3) 極大日を過ぎると流星数は一気に減少
ふたご座流星群には、ピーク後は短時間で活動が低下するという特徴がある。

そのため、極大日を過ぎると観測できる流星数は一気に減るため、天気の関係等で極大日の14日(金) に観測できない方は、その前日の13日(木) 夜の観測がオススメ

※15日(土) の夜も、流星数は減るものの、ふたご座流星群の流星観測は可能。


11日(火)から12日(水)にかけて、低気圧が本州の南岸を通過する予想で、太平洋側はスッキリしない空となるが、その後は晴れる日が続き、流星を観測できそうとのことだ。 


十数年前に文字どおり降るようなふたご座大流星群を見て以来、ふたご座に限らず流星群と聞くとわくわくしてしまうのだが、この土地に引っ越してから大通りに面している上に次々と自販機の数がふえて、真夜中でも明るくて、流星群の観測がままならない。 

1月のしぶんぎ座流星群のときも建物の陰になったりして思うようには見られなかった。ふたご座は一晩じゅうというので、期待して14日の天候が崩れないことを祈って楽しみに観測したい。夜の活動は私の得意とするところだ。    

うっかりして産地を間違えた

虐待か誘拐か …… 聞き耳を立てて」について

私はお米を買うときに、コシヒカリなら新潟産、あきたこまちなら秋田県産と、こだわりがある。最初につくったのだからおいしいに違いないという勝手な思い込みにすぎない。 

このたび、お米を切らして数日はおもちを食べたり、麺類を食べたり、外出のついでにお弁当など買ってきてしのいでいたが  どうしても自分で炊いたご飯が食べたくなって、近所のドラッグストアに出かけた。こしひかりを買おうと袋を持ち上げたときにちらっと産地を見たが、千葉とか栃木ではなかったので、これこれと思って帰宅した。 

いざケースに移しかえようと思ったら、ちょっと違う。見たことのない富山産だった。今まで富山産のコシヒカリがあることを知らなかった。  しかし、米粒は白くてきれいだったので、そのまま炊いた。 

これが何と  とてもおいしい。次もドラッグストアで、特に安価というわけではないが富山産を買おうかと思うほど美味だ。  何でも試してみなければわからないものだと一つ勉強した。   

シャチに追われて観光船に避難するアザラシ

形でハンバーガーとわかる猿は偉い」について

(CNN) カナダのバンクーバーでこのほど、シャチの群れに追われたアザラシが観光船に飛び乗って難を逃れる出来事があり、ツアー主催者が船の後部にうずくまるアザラシと、周りを泳ぎ回るシャチの映像を24日までに公開した。

映像を撮影したのはホエールウォッチングツアーを主催するニック・テンプルマンさん。アザラシの様子について 「船を見つけると真っすぐこちらに向かってきた」 と話す。

アザラシが船に飛び乗ると、追いかけてきた約12頭のシャチが周りを泳ぎ回り、ツアー参加者をさらに沸かせた。

「船の後ろから一度に4~5匹のシャチがついてきて 浮いたり沈んだりしながらアザラシをにらんでいた」 「約12頭が次から次に、船の下から浮上しようとする姿が見えた」 とテンプルマンさん。

アザラシはおびえた様子で、いったん海に入ったものの、また船に戻ってきたという。 

20年もツアーを主催しているというテンプルマンさんだが、えさを求めてこれほどのシャチが集まる様子を見たのは初めてだという。


   
https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/rd_tool/cnn/articles/int/RV=1/RE=1545490459/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cHM6Ly93d3cuY25uLmNvLmpwL2ZyaW5nZS8zNTA4NzkzNS5odG1sP3JlZj15ag--/RS=%5EADAahLo7JvgJXOyOmm1YuByla0ptl0-;_ylt=A7dPJpMb2wtcbn0AAYH9luZ7;_ylu=X3oDMTltbDM4YXVyBHBvcwMxBHJsX3RpdGxlA.OCt.ODo.ODgeOBq.i_veOCj.OCjOOBn.OCouOCtuODqeOCt.OAgeims.WFieiIueOBq.OAjOmBv.mbo.OAjeOAgOOCq.ODiuODgARybF91cmwDaHR0cHM6Ly93d3cuY25uLmNvLmpwL2ZyaW5nZS8zNTA4NzkzNS5odG1sP3JlZj15agRzZWMDcmVsYXRlZARzbGsDcGMEdGl0bGUD44Ki44K244Op44K344Gu6by744Gr44Km44OK44Ku6Kmw44G.44KL44CB54Sh5LqL44Gr6Zmk5Y6744CA57Gz44OP44Ov44KkBHVybANodHRwczovL2hlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcC9obD9hPTIwMTgxMjA4LTM1MTI5ODM1LWNubi1pbnQ- 

船上に隠れるようにしてうずくまるアザラシがかわいい  

今度は貴ノ岩関が加害者

貴ノ岩関に 「礼に始まり礼に終わる」 のスポーツ精神を」について

付け人に暴力を振るったことの責任をとる形で、7日に現役を引退した大相撲の前頭・貴ノ岩(28)。同日夜、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で引退記者会見を開き 「気持ちが弱かった。自覚が足りなかった」 と、目を赤らめて暴行を悔やんだ。

会見の冒頭、同席した千賀ノ浦親方 (元小結・隆三杉) と共に約10秒間深々と頭を下げ 「多くの方に迷惑をかけたことを心よりおわびする」 と陳謝した。6日に引退を決断したといい 「自分のやったことに深く責任を感じている」 と引退を決断した理由を述べた。 

前の師匠の元貴乃花親方 (元横綱) には今回の暴行を報告したといい 「育ててくれた感謝の気持ちと迷惑をかけて申しわけない気持ちの両方」 と語ったという。


昨年、自分が受けたけがに対する裁判を国 (モンゴル) に住む家族のために取り下げたことについての鬱憤などがあったにせよ、自分が同じ暴力を振るってはいけない。 

貴乃花部屋が閉鎖するときに引き受けてくれた千賀ノ浦親方にも大きな迷惑をかけた。そのことを彼はわかっているのだろうか。モンゴル人はこれだから …… などといわれぬように彼に限らず全ての国民が身を引き締めなければ日本では通用しない。 


蒸し返すようだけれど、昨年度白鵬らと会合を持ったときに携帯を持ち出して彼女と連絡をとったことから “暴力” 事件が起きた。それらが引き金で貴乃花が協会から引退することになった。それらのこともしっかりと自分の行ったことの責任を自覚しなければならないのに、何なのだろう。言葉にならない。  

大層な駅名

何かと話題の北千住駅」について

2020年春に開業する山手線と京浜東北線の駅名が4日決まった。山手線で半世紀ぶりとなる新駅は 「高輪(たかなわ)ゲートウェイ」。 首都を訪れる多くの人たちを迎える新たな玄関になることが期待されている。

新駅は羽田空港に近く、隣の品川駅にはリニア中央新幹線も開業する。今後にぎわいが期待されるエリアだ。同時に江戸の玄関口として栄えた歴史もある。応募名も踏まえて社内で検討を重ね 「過去と未来をつなぐ結節点」 としての意味を駅名に込めたという。

この日、記者会見したJR東の深沢祐二社長は 「日本と世界をつなぐ 『玄関口』 の地域にふさわしい駅名」 と語った。

地元の高輪泉岳寺前商店会は 「高輪」 の採用を求めて署名集めなどに取り組んできた。石川進会長(56)は 「ゲートウェイまで入るとは」 と驚きつつ 「一部でも地名が入ったことを前向きにとらえ、地域の歴史や魅力を発信していきたい」 と話した。 

秋になると毛が抜ける

12月なのに夏日の温かさ」について

暦の上ではもう冬だが、昨今の暖かさは、秋といってもよいくらいの暖かさだ。ことし、犬や猫、他の動物たちは冬毛への換毛期は過ぎたのだろうか。温かいのでまだ夏毛だったりして …… 

人間も秋は抜け毛が多いといわれているが、これって、冬毛にかわるためだろうかと、ふと思った。そうだとしたら、冬の寒さから頭を守るためにより太い髪の毛あるいは本数がふえるのではないか  私は心なしか髪の毛がふえたような気がするが、単に髪の毛が伸びて美容院に行く時期か 


でも、長さだけでなく量がふえているように思うのは希望的観測だろうか。しかし、人間も秋になると毛髪が太くなるという説があるとしたら、薄毛にお悩みの皆さん、秋を大いに喜ぼうではないの   こんなことを研究している学者はいないのかしら。若ければ私が研究したい。  


若ければ○○を研究したいと思うことが山ほどある昨今だ。なぜ今までそれらのことに気がつかなかったのだろう。悔やまれる  

12月なのに夏日の温かさ

ことし初の最低気温」について

きょうも夏並みの気温で (都心で25度) ニュース映像では半袖姿が多かった。 

私はそれほどではないが、やはり12月としては異例の薄着で外出した。念のため薄手のコートを持参したが、夕方6時になってもその出番はなかった。12月にシルクの薄手のブラウスとクーラーの冷気よけ用の上着だけなんて、本当に信じられないことだ。この反動がいつあるか。とりあえず明日は本来の冬の寒さになるらしい。 

例年は11月に入ると外出時に、伊達の薄着にしようかとか、もうトシなのだからちゃんとコートを着ようとか、悩みの多い季節だが、本当にことしはどうしたことだろう。明日から冬型というから、ひょっとしたらいきなり厚手のロングコートが必要になるかもしれない。  いつでも着られるように用意しておかなければならない。 


石油ファンヒーターを使用しているが 「ひかえめ」 温度に設定しているせいか、灯油が全然減らない。壊れているのかと思うくらい、一度入れたきり年内はこのままOKかと勘違いするほどだ。  

暖かいにしても、寒くなるにしても、極端な気温の変化は困る。  

ややこしい消費増税と、オリンピックの競技時間繰り上げ

外国人派遣労働者問題」について

来年10月の消費税増税に向けて、政府ではあれこれ考えている。駆け込み消費を防ぐためとか、増税後の買い控えとか、カードで買い物をすればポイントで増税分を補うとか、何が得なのかわからない。前回の消費税が8%になるときのほうが、今のうちに買っておこうと私にはわかりやすかった。 

買ったアイスを店先のベンチで食べていたらその分、税金を払えと追いかけられそうだ。ことしのような猛暑だったら帰宅するまでに解けてしまう。こうなったら買わずに自分でアイスをつくるしかない   


オリンピックの競技も、猛暑に備えてマラソンなどは開始時間を1時間半ほど前倒しするという。日本の夏は高温で蒸し暑いとわかっているのに、なぜ真夏の開催となったのかわからない。招致するときに、オリンピックは夏でなければならないという決まりがあったのだろうか。前回は10月でちょうどよい季節だったのにどうしてこんなことになったのか。  

東京オリンピック後は、体育の日が年に2回になるのだろうか。また休日がふえて喜ぶ人がいるだろうが、日本は日本人が長期休暇で海外に遊びに行き、外国人労働者がせっせと日本国内で仕事をすることになる  日本全土を外国人労働者に明け渡すことになるかもしれない。日本人が自国の仕事をしないで遊びほうけていてよいのだろうか。 


解せないことだらけだ。  



虐待か誘拐か …… 聞き耳を立てて

5歳児虐待死 電話連絡までしていたのに」について

昼間、大通りに面した通りで、突然尋常でない泣き声が聞こえた。誰かに連れていかれようとしているのか、あるいは親から虐待を受けているのかなど、家の中で様子をうかがった。 「ギャーギャー △△ ×× …… 」 まだ幼児で男の子らしい。 

迷子かもしれないと外に出ようと思ったとき 「ほら、早く。行っちゃうよ」 という男性の声が聞こえた。どうやら幼児がご機嫌斜めで泣きわめいていたらしい。いじめだとか虐待などが多い昨今だから、もしやと思ったり、真昼間から大通りに面した道路で誘拐や虐待はしないだろうと考えたり、あれこれ思いをめぐらせた日曜日だった。  

ペットボトルが好きな猫

認知症の犬と寄り添う猫」について

庭に猫が侵入するのを防ぐ対策として、水を入れたペットボトルを置くという話を聞いたことがある。実際に効果があるのかどうかはわからない。ペットボトルに自分の姿が映ってギョッとして逃げていくという話を、それはあるかもしれないと思っていた。 

しかし、ネオバグみ さんのツイートによると、喜んでペットボトルの中にもぐりこんでいる猫がいて、かわいい。これだけぎっしりと詰まっていたら、自分の姿が映らない  



   
https://ord.yahoo.co.jp/o/realtime/RV=1/RE=1543761977/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly90LmNvL0hTSmZvaU1ScFk-/RS=%5EADBMBn0THCW8BoJW1bGF1I5ZOvWzAQ-;_ylt=A2RCKw64ngJcxgoAGwJol_p7;_ylu=X3oDMTJnMHJrc2g2BHBvcwMxBHNlYwNzdWJjb24Ec2xrA3R3bHVybAR0d2lkAzEwNjg4NDA5Nzg2NjI4NDY0NjQEdHd1aWQDNTYzNDk0MzQ2BHZ0aWQDanBjMDA2 


小室圭氏はやめたほうが …… 

秋篠宮家の真子さまと昨年ご結婚が内定した小室圭氏とのお話が、とりあえず2020年まで延期になった。延期とは言わずに、私はなかったお話としたほうがよいと思う。 

昨年のお二人そろっての会見のときに 「結婚を前提におつき合いしてください」 申し込んだという話に驚いた。現代的というには身の程知らず過ぎはしないかと危惧を抱いた。皇室だって自由な恋愛をし、結婚をするとはいえ、最初からそれを口にするのは恐れ多いというか、周囲に自慢するだけの気持ちではないかと思ったのだ。 

普通は、結婚後の生活のふつり合いなどについて考えると思う。それを考えず、またご家族がそれを躊躇しなかったということに驚いた。それも、家庭的にいろいろな問題を抱えているというのに。 

皇室とご縁ができるということに、周囲に対して手柄のように思っているのではないかと思う。 

真子さまには、もっとふさわしい男性がたくさんいる。今後70年、80年もの長きにわたって苦労することがわかっているお相手と縁を結ぶことはない。今はおつらいだろうが、明るい未来を信じて、今回のご縁はなかったことにしたほうがよい。 

もし弁護士の資格がとれたとしても、私は彼に弁護を頼もうとは思わない。大事なことを頼むとき、その人の人格を見るのは当たり前の話だ。ましてや一生を共にするなど私だったらとても考えられない。今はつらくても、あのときやめてよかったと思える日が来るに違いない。 

青春の思い出にしてほしいと親戚でもないのに真子さまに進言したい。 何だか余計なことだが、最初にこの話が持ち上がったときから疑問符がついていた。今後、それぞれにお似合いの相手が見つかるに違いない。 





形でハンバーガーとわかる猿は偉い

雪と戯れる子ザル」について

1匹の猿が食べかけのハンバーガーを発見するが、残念ながら車内にある。でもそのことが理解できず、窓越しにどうにか食べようとチャレンジするが……。 

近づいてきたサルをせっかく追い払ったのに、最後は切ない結果になってかわいそうに …… 少し分けてもらえたらいいのにね。 


    
https://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A2RhPz9k_P9bWzcAFxqJBtF7/RV=2/RE=1543589348/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=sQ4rDJ2nvCTGSoUPLxQc7gB.kuc-/RU=aHR0cHM6Ly92aWRlb3RvcGljcy55YWhvby5jby5qcC92aWRlb2xpc3Qvb2ZmaWNpYWwvYW5pbWFsX3BldC9wMDA5Mjc1MTE4ODA5Yzg2ZjE1MDEyY2Q5NmU2N2I3OTEA/RK=0/RS=9WwqVG4ZWwfaeZ46vW8eMbCEf_c- 

効率的な積荷作業

ヤシの木が風の力に負けた」について

何という連携技、超高速な積荷作業

アメリカ・カリフォルニア州デラノにて。トラックに箱を積む作業員2人が、信じられないスピードでみるみるうちに箱を積んでいく。作業をできる限り軽くするこのアイデアもすごいのだが、何よりも2人の息がピッタリ合っている様子に驚かされる。 

強いて難癖をつけるならば、同じ形状の箱だから   

でも同じ箱を扱うことの多い漁港や豊洲市場では参考になる積荷作業かもしれない。 


   
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/vtps/228582 

昆虫自販機

正しい枝豆の食べ方」について

昆虫自販機はじめました、しかも食用――話題の自販機は熊本市の商店街にあります。中には 「ワーム(毛虫)」 「コオロギ」 「ゲンゴロウ」 「コオロギプロテインバー (チョコ味、抹茶味)」 「オケラ」 「バッタ」 が。


ハリネズミなどの章動物用のえさだと思ったら、記者が売れ残っていた 「おけら」 を買って試食した。  

自販機に売れ残っていたのは1000円のオケラのみ…買ってみます!その瞬間オケラは売り切れになりました。出てきたのは筒の中に入った昆虫の袋。開けるとリアルな昆虫が――そして実食してみます。…… 「あーー、焼き魚のちょっと苦い肝みたいな部分あそこをガリッといった感じ」 「そのままフリーズドライされた感じで、おいしくは…ないです」


今月から販売を始めると、インターネットなどで人気に火が付き、補充するたび売り切れに。商品は全部で10種類。価格は600円~1900円と高めだが、2日間で100個売れるほどの人気ぶり。この日は、名古屋から買いに来た人も…。

「僕は食べませんよ、会社の罰ゲームです(笑)」

もともとは、今年オープンした店を宣伝するための “呼び物” として設置したという。

「ちょっとパンチの効いた皮肉なアートみたいな感じで見てもらえたらと思っていたのだが、違う反応に私自身が戸惑っている」 (ディスカバーバルーン・友田敏之さん)

自動販売機は24時間稼働。タランチュラ・サソリは自販機の設定上、店内販売のみとなっている。 


スゴイね、みんな。興味本位としても食べるとは  


      
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181126-00000036-nnn-soci 

木が揺れると地面もうねる

海外でも洪水被害」について

カナダ・ケベック州サクレ=クールにて。森の地面が、まるで大きな生き物が深呼吸をしているように大きく動く、衝撃的な光景が撮影された。前日までの大雨の影響で森の土壌は水を含んで緩んでおり、強風に揺れる木の動きが根元まで伝わり、地面ごと揺れていたそうだ。それにしても、自然の力のすごさを感じる神秘的な光景だ。 

これはたまたま動画として世に知られたが、外国に限らず日本でも豪雨の後には見られるのだろうか。よほどしっかり根を張った植物でなければ倒木となるのだろう。物すごい瞬間を撮影できた。すばらしい。   



   
https://rdsig.yahoo.co.jp/_ylt=A2RA6IWSyPtbSB4AlXel_AF8/RV=2/RE=1543313938/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=sQ4rDJ2nvCTGSoUPLxQc7gB.kuc-/RU=aHR0cHM6Ly92aWRlb3RvcGljcy55YWhvby5jby5qcC92aWRlby92dHBzLzIzOTczMwA-/RK=0/RS=H7Ujogx9ollE1nITsd7NFD2FaNs- 

象のリーダーが死んだ時

鼻のない赤ちゃん象」について

スリランカ・アヌラーダプラにて、象たちの感動的なシーンが撮影された。ある時、群れのリーダーがライバルとの戦いに敗れ死んでしまった。すると、仲間たちが次々と亡骸の周りに集まり、リーダーの体を鼻で優しくなで始めたのだ。  

その中には子象の姿もあった。リーダーの死を悼む象たちの姿に、思わず胸が締めつけられる。  動物の群は結束力が高いことに改めて気づかされた。 


   
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/vtps/227916

かわいい男と男の戦い

熊が香箱座り」について

男と男のプライドをかけた戦い 

大森山動物園のレッサーパンダ  かんた  ひなた

   
https://ord.yahoo.co.jp/o/realtime/RV=1/RE=1543156373/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly90LmNvL2NOSzV2VktvRUE-/RS=%5EADBblkPt8eU69tQOk7lOUqa2RrWRTo-;_ylt=A2RimE8VYflbTxcAawVol_p7;_ylu=X3oDMTJnbmIxOWg3BHBvcwMxBHNlYwNzdWJjb24Ec2xrA3R3bGltZwR0d2lkAzEwNjIyNjI3NjgxNTYzODkzNzgEdHd1aWQDMTcxNDYzNzgxBHZ0aWQDanBjMDA2 


     親の尾を見て子は育つ 
https://ord.yahoo.co.jp/o/realtime/RV=1/RE=1543156518/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly90LmNvL0FoNlp4OENRWXI-/RS=%5EADBAPQ93ploqgUftd3GCRUv_sHUHtY-;_ylt=A2RiolumYflbVmUAkytol_p7;_ylu=X3oDMTJoNzhmZHEzBHBvcwMxBHNlYwNzdWJjb24Ec2xrA3R3bGltZwR0d2lkAzEwNjU5NjMzNDE0NjAyOTU2ODAEdHd1aWQDMTE1MzI5MjM5NAR2dGlkA2pwYzAwNg--

レッサーパンダにも美男美女はいるのだろうか。微妙に種類が違ったりして …… このきょうだいは美形だ  ころころとしていてかわいいので、戦っているようには見えない。

雨水入った水を調理や飲み水に使用

札幌中心部に先月オープンした市民交流プラザのレストランで、雨水などが混じった水を客に提供していたことがわかった。 原因は配管工事のミスだった。 

札幌市によると、配管工事のミスが明らかになったのは、札幌市民交流プラザ2階のレストラン 「ダフネ」 で、 今月13日、レストランの水道使用量が計測されていないため施工業者が調べたところ、水道水の配管に、雨水や地下水が混じる、トイレの洗浄水の配管が誤ってつなげられていた。 

レストランは先月7日のオープンから、雨水が混じった水を調理に使ったり飲み水として客に提供していたりしていた。水質検査の結果、飲料水の水質基準を満たしていて、この水を飲んだ客や従業員から健康被害などの報告はないということだが、トイレの洗浄水を飲んだり食べたりしていたと思うと、気持ちが悪い。  

1カ月以上もそのような状態だったとすれば、そのレストランを利用した人は今ごろゲッゲッと吐き出したい思いだろう。

ああ、札幌に行かなくてよかった。   今後も行く予定はないけど …… 

猿のドヤ顔

どうしたの、かずこちゃん」について

階段の手すりをダッシュする爆速猿

遠く離れた階段の手すりに乗っているのは、サルの仲間であるショウガラゴ。目にもとまらぬ速さで枝から枝へと飛び回ることができ 「俊敏」 で知られる動物だが、そのスピードは木以外でも健在だ。一瞬の出来事なので、瞬き注意でご覧ください。 

このスピードはどうよといわぬばかりのドヤ顔に、恐れ入りました  


   
https://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/animal_pet/p0baae398c98c695e424b7b7ccb5a1d38 


  ショウガラゴ     
西アフリカのセネガルから中部アフリカ、ウガンダ、ケニア、タンザニアに至るまでアフリカ大陸に広く分布している。アカシアの多い疎林をはじめ、深い森林や川辺林などさまざまなタイプの植生環境に適応している。

その鳴き声と容姿からブッシュベイビーとも呼ばれる。枝の間を俊敏に飛び回り、素早く走り回る。夜によい視界を確保するための大きな目、強い後足、バランスを保つ長い尾を具える。昆虫などの小動物、果実、樹脂などを餌とする雑食性。
 


よたよた歩く赤ちゃん象

鼻のない赤ちゃん象」について

タイ北部・チェンマイからの映像。雨のせいでぬかるんでしまった地面を赤ちゃん象が歩いているのだが、その足元のおぼつかないことといったら……。後ろでお母さん象も見守っている。 

一生懸命な姿に癒やされるが、たった28秒の間にこれだけ滑って転んででは、移動するのも容易じゃない   

お母さん象がくわえている葉っぱは、子象へのおやつかご褒美か  


   
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/vtps/140396 

外国人派遣労働者問題

閉店セール 服や物ではなく」について

外国人派遣労働者問題を強行に審議入りしようとしているが、慎重に考えないと後々禍根を残すことになると思う。 

かつて若い世代がふえて子どもの数がふえて学校を増設したり、団地を増やしたりしたが、今は児童生徒の数が減って、学校施設を他に転用したりと四苦八苦している。 

それと同じように、今は高齢者がふえて介護の人出が足りないので、外国人労働者に頼ろうとしているが、私はいつまでも老人人口がふえ続けるとは思わない。今の高齢者は、戦後の貧しい生活に耐えてきた力があるが、現代の人々は高カロリーのものを食べ、生活形態もゆとりがある。全ての面で貧しさを経験していない人たちが今ほど高齢になるまで生き抜けるとは思わない。 

今、外国人労働者の手をかりることは必要だが、それが永遠に続くとは思えない。そうなったときにスムーズに日本国内だけで労働力を賄うだけの、その覚悟と手はずを考えておかなければならないと思う。 

うまく表現できないが、将来、国内の労働力だけで間に合うようになったときに、現在頼ろうとしている外国人派遣労働者ともめ事なくその契約をはっきりと終了できるように考えなければならない。慰安婦問題や徴用工問題、4島返還問題、まだいろいろあるが、各国のとんでもない主張に飲み込まれないようにはっきりと決め事をしなければ、何で足をすくわれるかわからない。 

与党は、野党の考えも聞き、そこをよく考えて審議を尽くしてほしい。 早く事を進めるだけが政治ではない。

それらをクリアーして派遣労働者として就労してくれる人々には、最低賃金などという形での日本できちんと生活できるような手当も行わなくてはならない。日本のために手助けしてくれる人たちへの感謝の気持ちが大事で、逃げ出したくなるような扱いは断じて許されない。 


 参 考

外国人の方は入国管理法、難民認定法で定められている在留資格の範囲内での就労活動が認められている。
外国人を雇用する場合、「在留カード」 等で就労が認められるかを確認する必要がある。以前では 「特定労働者派遣」 として雇うこともできたが、2018年9月29日に廃止されるため、これは難しくなる。

外国人を雇用する際には以下が条件となる。
在留資格がある
業務内容が在留資格の範囲内である
入国管理申請手続が必要
入国管理局へ在留資格認定証明書の交付を受ける
在留資格認定証明書を所持した対象の外国人が、必要書類を揃えて大使館又は領事館へ持参している
またこれらを通して就労ビザを申請されている

雇用対象となる外国人が在留資格を満たしていても、書類に不備があれば再申請となり、長期間許可が下りなくなるので、慎重に進める必要がある。

ただ、派遣社員は非常に不安定な職業であり、毎度派遣先が変わる労働スタイルだ。よって、派遣先ごとに仕事内容が変化する派遣労働は、取得している就労ビザと就業内容に一致しなくなる可能性も生まれる。この場合、企業も雇用形態や契約内容をしっかりと確認しておく必要があるし、外国人労働者に対しても説明しておかねばならない。

また、就労ビザの期限が残ったままの状態で、契約が満了となった場合、外国人も失業する。この場合、失業期間中は企業側が退職証明書を入国管理局に提出する必要がある。これにより資格外活動許可を得ることができる。

なお、「文化活動、短期滞在、留学、研修、家族滞在」 の在留資格者は就労資格がない。
ワーキングホリデー制度もあるが、これらの判断は大使館に任せるしかない。また、就労資格のない外国人を雇用した場合、不法就労となり退去強制等の処罰が下される。 同様に雇用者に対しても入管法により3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金また併科に処せられるので十分ご注意いただきたい。
 


なぜこんなところにニワトリが

異様に長鳴きのニワトリ」について

工事現場泣かせのニワトリ 

オーストラリア・ビクトリア州にて。とある工事現場にニワトリが乱入してきた。運の悪いことに、そこには舗装したてで乾いていないコンクリートがある。案の定、悠々と足跡をつけまくるニワトリ。とはいえニワトリに悪気はないわけで、作業員たちは優しく追い払おうとするのだが……。  

結局自分たちの足跡もつけてしまうことになって、もう笑うしかない作業員たちなのだった。 


   
https://videotopics.yahoo.co.jp/video/vtps/225897 

異様に長鳴きのニワトリ

わがままカラス 小さいのは要らない !」について

30秒以上もずっと鳴き続けるニワトリ  すごい  私は聞いているだけで息苦しくなる。   

なぜそんなに鳴くの   何かつらいことがあったのかい  

周囲を歩き回っているニワトリたちは、少々うるさいと思っているのではないだろうか  


   
https://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/animal_pet/p59601f1915669adf27cbd56ef6b2df18 

羽生結弦の髪型 またおっさん風に

羽生結弦の髪型」について

「フィギュアスケート・ロシア杯」(17日、モスクワ)

またおっさん風な、額を丸出しにした髪形で男子フリーに出場した羽生結弦。そのせいかどうか、また公式練習中に転倒して右足首を負傷した。ほら、やっぱりその髪型はだめだっていっているのに。  

その練習中は額丸出しではなかったが、何かが働くような気がしてならない。スケート競技に出るときは、封印して。お願い。  


ドクターの診察を受けた羽生は、全治3週間。さらに 「今、滑ったら悪化する」 と告げられ、厳しい選択を迫られた。欠場し、12月下旬の全日本に備えるという選択肢もあった。しかし、羽生が選んだのは、ロシア杯を滑り切ることだった。 
 
SP首位の羽生は転倒があったものの167・89点、SPとの合計278・42点でフィンランド大会に続くGPシリーズ連勝を果たし、日本男子初の10勝目を達成した。  上位6選手が出場できるグランプリファイナルの出場も決めた。 

しかし、結果よければ全てよしというわけにはいかない。平昌五輪前に負傷した古傷でもある右足首を再び負傷したわけで、回復しないまま続けているため微妙に足首の向きが異なっているのではないか。それで何度もけがにつながるような気がする。 

全治3週間と診断された中での魂の演技で優勝したが、GPファイナル (12月6日開幕、カナダ・バンクーバー)、全日本選手権 (同月21日開幕、大阪) 出場は厳しい状況となった。  無理して出なくていい。無理を重ねていると取り返しがつかないことになると、経験者は語る