テーマ:熊本県

関東地方で震度5

「熊本地震 取材のあり方」について 気象庁によると、16日21:23頃、茨城県南部を震源とするM5.6の地震があり、茨城県小美玉市で震度5弱の揺れを観測した。この地震による津波の心配はない。 多摩西部でも大きな揺れを感じたが、震度3以上の市町村の中に名前は入っていない。でも震度3以下とはとても思えないほど、蛍光灯もハンガーも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本地震 取材のあり方

「ウエットティッシュやウエットタオル」について 大規模災害のたびにいわれることだが、取材のヘリコプター騒音で生き埋めになっている人のSOSがかき消されるという問題がある。被災地の上空を飛ぶヘリコプターの中には、人命救助等を行う自衛隊や消防のものもあり、今回、マスコミ用ヘリの騒音がどれほど被災地に悪影響を及ぼしているかは定かではない…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ウエットティッシュやウエットタオル

「泣いている場合じゃない」について 熊本県を中心とする地震は、17日も余震が100回以上起きるなど活発な活動が続いている。14日の地震発生から3日が経過したが、同県内だけでなお約11万人が避難。鉄道や高速道路など寸断された交通インフラは復旧のめどが立っておらず、被災地では水や日用品などの生活必需品を中心に物資不足が深刻化している。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

泣いている場合じゃない

「熊本県益城町で最大震度7」について 倒壊した建物の下敷きになって亡くなった人や、けがした人も千数十人いる。今後もっとふえるかもしれない。その中で、8カ月の赤ちゃんが運よくわずかなすき間に守られて無傷で救出された。  泣いている場合ではないと悟ったのか  もともと人見知りなどしない人懐こい赤ちゃんだった…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

熊本県益城町で最大震度7

「ご当地の人は惨状を知らず」について ダンスサークルの帰りにちょこっと買い物をして帰宅した。テレビをつけたら震度7のテロップが目に入った。全然揺れを感じなかったと思ったら、熊本県益城町で最大震度7だそうで、画面には何台もの消防車が消火活動をしている様子が映っていた。 震度7なんて、大変だ。9時半ころだそうだが、さすがに関東地…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more